giclee2020プロジェクトでは、今秋、尾瀬アートweb展を開催することになりました。

尾瀬自然保護活動への支援をはじめ、新型コロナウイルスにより作品発表の場を失った写真家および絵画のアーチストなどの皆さまの支援を目的に、本邦初とも言える形態のアート展となります。

本アート展の大きな特色として、web展示された作品をジークレープリンティング(*1)にて販売し、売上金を応募作家に配分するとともに、尾瀬自然保護活動へ寄付するスキームを織り込んでおります。

参加者の対象としましては、プロの招待作家をはじめ、アマチュアの皆さまなど尾瀬や自然風景をテーマに作品づくりをしている幅広い層の皆さまを対象にしています。「Web」+「ジークレー販売」を組み合わせた〝新しい美の祭典〟にぜひ、ご参加いただきますようお誘い申し上げます。

主  催  giclee2020プロジェクト(サンニチ印刷/電気情報社のコンソーシアム)

目  的  ①尾瀬自然保護活動への支援、②コロナ禍により作品発表の場を失ったアーチストたちへの支援、

      ③ジークレー文化普及発展の促進

テーマ   尾瀬&自然風景

ジャンル  写真、絵画(肉筆画、デジタル画)

期  間  2020年11月20日~2021年5月31日 途中エントリー可

展  示   web展示:尾瀬アート特別サイト(https://www.oze-art.com)

      場所  第1ステージ 写真部門(仮想:東電小屋) 

          第2ステージ 絵画部門(仮想:尾瀬沼山荘)

      ジークレー実展示:招待作家作品および報償作品(コロナ禍収束後に検討)

申  込  パソコン、スマートフォン、タブレットから申込可 一人5作品まで

参加費   有

寄  付  本アート展収入の一部

作家報償  ジークレー売上 1~3位作品作家:賞金と尾瀬物産の贈呈 

              4位からの20名:尾瀬物産など

(*1)本アート展におけるジークレーの定義

ジークレーとは、絵画や写真のデジタルデータを用い、10色以上のインクジェットプリンター、またはUVプリンターを介して、ファインアート用紙にプリンティングし、作家のサインとともに、必要に応じ作家自身が肉筆を加えた唯一固有の美術作品である。また、各ジークレー制作の真作を証明するため、制作履歴、制作ラボとそのプリンティングオペレータ名を明示し、作品に記入する管理番号と一対になった作品証明書の添付を条件とする。