〈Web時代のArtを提唱〉

Web時代となり、私たちを取り巻く社会は大きく変化しました。情報はもちろん、生産、物流、サービスなどほとんどの分野がweb技術を活用する流れの中にあります。そうした中で、文化芸術においても、作家の創作活動から作品発表、配信などに至るまでwebと無縁でない世界が広がっています。

giclee2020プロジェクトでは、絵画の分野において、webとデジタル技術を活用し、Japanテイストのジークレーを提唱して、作家の経済的な自立をはじめ、日本のプリンティング技術の向上、絵画愛好家の裾野を広げる活動を、作家、プリンティング技術者など多分野の専門家の知見のもとに進めています。

〈コピー技術としてではなく〉

「giclee2020プロジェクト」が提案する〝ジークレー〟とは、デジタル技術を使った単なる絵画や写真のコピーではありません。スキャナー機で作品の画像データを取り込み、インクジェットプリンター機で印刷する点では、広義の複製技術です。しかし、版画が「コピー」とはされないように、私たちの考えるジークレーも「コピー」とは

〈ジークレーならではの優れた要素〉

作品をスキャニングすることで得た画像データで、精巧にプリンティングしますが、作品の表面凹凸まで捉えるスキャニング、通常のプリンターでは得られない色彩やその深み、耐候性に優れた用紙やインクの使用など、それぞれに優れた要素を織り込んでいきます。

〈一枚ものに宿る価値〉

江戸時代に木版で摺られた錦絵が一枚ごとに価値をもつように、私たちのジークレーも1枚ごとのオリジナルな価値をもつ「版画」として提供していきます。たとえば、その作品が固有の一枚であることを証明する作品証明書、作品証明書と対になったシリアルナンバー入りホログラムシール、ファインペーパー自体の固有性を証明する「紙紋認証」などの技術を組み合わせていきます。